BeatTube 遊び方マニュアル

ゲームの基本操作

Touch
青いオブジェクトがバーのところまで来たら、オブジェクトをタッチ!

フリックオブジェクト

Flick
タッチしたあと、矢印の方向へフリック!(指をスライド)

同時押し

Sync
2本の指で同時にタッチ!(両手を使うのもオススメ)

長押しオブジェクト

Hold
ラインが終わるまで指を押したままにしよう!(指を離す時はタイミングを合わせる必要はありません)

連打オブジェクト

Roll
ラインが終わるまで、できるだけ速くタッチを繰り返して、連打しよう!

チェーンオブジェクト

Trace
左右になぞるように長押し!

判定

Judge
タッチなどのタイミングの良し悪しに応じて、スコアが決まります。「PERFECT」が最も良い評価です。

フレームレート低下(iOS7)

本アプリは動画の再生とゲームの処理を同時に行うため、プレイ環境によってフレームレート(1秒間に画面描画する回数)が低下してしまうことがあります。特にiOS7でこの現象が多く確認されています。フレームレートが低下すると、オブジェクトの移動など画面がカクついて見えるようになります。これを防ぐには、iOS8にアップデートするか、あるいは以下の対策を行ってください。
  1. 横画面は処理負荷が大きいため、縦画面で遊ぶ。横画面で遊びたい場合、「設定」で「奥行きを有効にする(横画面)」をオフにする。
  2. 「設定」で「動画の拡大率」を200%以上に設定する。
  3. 可能な限り他のアプリを終了させ、メモリを確保してからゲームプレイを開始する。
  4. ゲームプレイ中の、音量の変更、ホームボタン、アプリの切り替え、通知センターの呼び出しなどを避ける。
  5. フレームレートが低下した場合は、一時停止して15秒程度待ってから再開するか、ゲームを最初からやり直す。
  6. 頻繁にフレームレートが低下する場合は、一度iOSを再起動(電源オフ)してみる。(システムの何らかの影響で、アプリを終了してもメモリが解放されていないことがあります)
なお、iOS8にアップデートすると慢性的なフレームレートの低下問題が解決しますので、可能な場合はアップデートをオススメいたします。
また、本アプリの動作端末はiPhone 4S以降、iPad 2以降、iPad mini、iPod touch(第5世代以降)となっており、それ以外の端末では動作を保証できません。対象外の端末では、上記の対策に関わらずフレームレートが低下いたしますのでご了承ください。

タッチの遅延・無反応について(iPad Air2)

iPad Air2では縦画面で遊ぶと、不自然なタッチの遅延が発生し、タッチが反応しないように見えることがあります。これは端末ハードウェア依存の問題であるとみられ、現状回避策は見つかっておりません。iPad Air2においては、「横画面」で遊んでください。

タッチの無反応について(iPhone6/6Plus以降)

iPhone6s/6sPlus/6/6Plusなどでは、画面端において指が画面の外側近くのほうから先に触れると、タッチが反応しない仕様があります。これは本アプリに限らず、誤操作を防ぐための端末自体の仕様です。画面端をタッチする際は、すこし内側をタッチするようにしてください。

譜面の作成